フリーターもキャッシング

フリーターもキャッシングをすることが出来ます。
これはどの金融機関も同じであってほとんど例外はありません。
なぜこのようなことが言えるのかというと、法律がフリーターのキャッシングを認めているからなのです。
キャッシングのような融資に対しては、法律的に融資に関する規制が必ず適用されるようになっています。


この規制を総量規制と言いますが、この規制の適用内ではどれだけお金を借りるようと考えても一定範囲の融資しか受けることができません。
これは、一見する融資の契約に関する制限にも受け取れるのですが、実は全くその逆だと言えます。
総量規制は、融資に関する枠の制限であって融資をする対象を制限しているわけではありません。
キャッシングで相手にお金を貸すときには一定の金額に上限をつけることになりますが、これは融資の相手を高い給料を貰っている正社員などに限定するものではないのです。
この規制の言いたいことは、たとえ少ない年収であっても規制の範囲内であれば誰でもお金を借りても良いと言う事です。


つまり、フリーターやパート、主婦であってもお金を借りても良いことになります。
実際、フリーターでもお金を借りることができるのは大手のキャッシング会社の案内書やホームページにはきちんと明記されており、融資の対象が制限されているわけではないことがわかります。
これは一部のキャッシング会社に限定されているわけではなく、少額融資に関する全てのサービスに当てはまることですので、気軽にお金を借りることが出来るのです。