キャッシングというのは、貸金業者からお金を借りる

キャッシングというのは、貸金業者からお金を借りるということです。
貸金業者は客にキャッシングしてもらい、利息をつけて返済してもらうことで利益を出しています。
なので、もし返済してもらえないということになると、その分、貸金業者は損をしてしまうことになるので、取立てが行われます。
では、取立ては、どういうタイミングでどのように行われるのかということですが、一般的に、消費者金融の取り立てのタイミングは早いです。
たとえば、昨日が返済の期限だと仮定した場合、本日中に督促の電話がかかってくる可能性があります。


なぜ、消費者金融の取り立てのタイミングは早いのかということですが、消費者金融の場合、キャッシングの返済は銀行口座からの引き落としではなく、ATMからの入金で行うというケースが多いです。
なので、口座からの再引き落としということが出来ないため、早いタイミングでATMへの入金を促すのです。
クレジットカード会社の取り立てのタイミングは、それほど早くないことが一般的です。
クレジットカードのキャッシング利用の場合、ショッピング利用分とまとめて銀行口座からの引き落としということになるので、もし、最初の返済日に引き落とせなかったとしても、再度、引き落としをかけることになります。


その間に、ハガキなどの通知が送られてきて、それには、再引き落としをかける日と、引き落とし金額が記載されています。
消費者金融でもクレジットカード会社でも、上記のように、返済の遅れが一ヶ月に満たなければ、取立ては電話とハガキが主ということになります。