キャッシングの返済を滞納

キャッシングの返済を滞納してしまったら、まず利用先の金融機関に連絡してください。
債務者自身に返済できない明確な理由(例えば怪我や病気、失業)があれば相手方に、理由込みで相談しましょう。
キャッシングを利用している側からすると、金融機関は貸し手であり、負い目や怖さなどを感じるかもしれません。


しかし、金融機関側は負い目や怖さで相談されないより、すぐに相談してもらったほうがマシと考えています。
金融機関側は、最終的にキャッシングで融資したお金と利息を支払ってもらえば良い訳です。
よって、途中で返済を滞納してフェードアウトが一番困る事です。
途中からでも良いので連絡をもらったほうが、後の返済についての対処を互いに検討出来ます。
少なくとも何の連絡もなしで、曖昧なまま放っておかれるよりは良いです。
滞納まで返済できていた方なら、相手方と相談する事で利息の返済だけ支払うといった柔軟な対応を期待出来ます。
キャッシングで借り入れた額の免除は厳しいかもしれません。


しかし、利息のみの返済、減額返済であれば、可能なケースは少なくありません。
少額ずつでも返済する意欲を見せれば、相手も人間ですので、柔軟な対応を取ってくれるケースは多いです。
後は、身内にキャッシングの返済額を立て替えてもらう、債務整理といった選択肢を考えていくだけです。
立て替えが可能であれば、身内への返済ですので利息は付きませんので、返済の負担は小さくなります。
立て替えが不可能であれば、返済不可の借金は債務整理で片付けるべきです。
債務整理を行うと一時的に信用が落ちる事となり、キャッシングの利用が難しくなります。
しかし、目の前の返済が出来ないのであれば、後のことより目の前の問題を解決するほうが先です。
キャッシングで滞納した時の道標として覚えておいてください。