キャッシングを申し込んだ時

キャッシングを申し込んだ時に、与信審査が行われるのは多くの方がご存知でしょう。
では、具体的にどのような与信審査が行われるのでしょうか。
まず、申込者個人の信用情報と照合して、他からの借入や、クレジットカードの使用状況をチェックされます。
この借入の返済や、クレジットカードの支払いなどで、延滞があまりにも多い場合には、いわゆるブラックリストとなってしまい、キャッシングができない場合もあります。


また、過去の一定期間内に債務整理を行った場合も、やはり融資は受けられません。
整理の方法にもよりますが、任意整理の場合は5年ほど、自己破産の場合は7年ほどを1つの目安としてください。
また、債務整理の対象となった金融機関から新たな借入を行うのは、かなり難しいと考えてください。
次に、消費者金融でのキャッシングの場合は、総量規制に抵触しないかどうかをチェックされます。
総量規制とは、消費者金融での、年収の3分の1以上の金額の借入を禁止するものです。
他の消費者金融からもキャッシングをしている場合、借入額によっては新しくキャッシングができないこともありますので、気を付けてください。


上記のいずれにも該当しない場合に限り、初めてキャッシングが可能となりますが、もし申込の段階で嘘の勤務先や年収を書いていた場合も、融資を受けられないことがあります。
嘘の情報を書くと、後々までその人の信用に傷がつくことになりますので、申込時には必ず事実を記入するようにしてください。